入社3年半で中小企業から転職したときの退職金の金額

こんにちは。転職したばかりのしらぬいです。

皆さんは、自分がやめたときの退職金の金額を把握していますか。

入社するときには退職のことを考えていなくても、実際に勤めてみると自分がいつ退職するかわからないので、相場だけでも把握しておくのをおすすめします。

先日私は、3年半ほど勤めた食品企業から、IT企業へと転職し、その際に退職金を受け取りました。今回は、その金額を公開します。

この記事は、転職しようかどうか迷っている人や、退職したことがないけど退職金に興味がある人に参考になればと思い書きました。

この記事を読めば
入社3年半で中小企業から受け取る退職金の金額
が分かります。
スポンサーリンク

入社3年半で中小企業から受け取る退職金の金額

1 U.S.A dollar banknotes

額面で、257,000円

中小企業の食品メーカー勤めでした。退職金の金額は、257,000円でした。私は、退職金の金額なんて、全然期待していなかったので、思っていたより多いなという印象を受けました。

退職金の計算は、基本給を基準に計算されるようなので(会社により異なるかもしれませんが)基本給が高ければ、退職金も高いことが予想されます。私の場合は、4年目で20万円ほどだったので、一般的にも給料が良い会社というわけではありませんでした。

大手企業の相場と比べると金額的に少ない

こちらの記事

https://employment.en-japan.com/tenshoku-daijiten/40837/

を参考にすると、大手だと3年で34万円、中小だと24万円が相場のようです。私は、3年半で26万円弱だったので、中小企業の相場レベルの金額を受け取ったと言って良いでしょう。

ただ、キャリアアップを目的に、転職前提に勤めて退職金を受け取るのであれば、大企業の方が断然優勢ですね。

福利待遇面も踏まえて、金銭面では大企業の方が有利になる場合が多いので、そのあたりも考慮して中小企業を検討している方は検討しましょう。

中退共掛金負担額の回収も忘れずに。

退職金の積立ですが、基本的に、会社だけでなく

中退共という組織も、退職金を積み立てています。私の場合は、38000円ほどもらえるようでした。転職した先の会社は、退職金制度はなく、共掛金の引き継ぎのようなものもないようなで、とりあえず請求して、38000円は受け取る予定です。

退職金がもらえないこと場合もあるので注意

勤務年数が3年未満だったり、退職金制度がないような会社については、退職金がもらえないようなところもあるようです。今の御時世、一つの会社を勤め上げるような人は少ないかもしれませんが、勤続年数で、退職金の金額はなかなかなものになるので、退職金事情については、入社前にチェックしておいたほうがよいでしょう。

退職の時期はうまく見極めてみて

person walking holding brown leather bag

私が転職をしたときは、有給休暇が年一で追加される時期に、うまく有給消化期間を合わせました。転職の時期について、ボーナスをもらってからやめるといった人もいるでしょう。

それと同じで、退職金の金額についても事前にチェックしておくと、自分が退職する際のヒントになるかもしれません。少なくとも、いつやめたらいくらくらいもらえるかを知った上で、退職のタイミングを判断するとよいでしょう。

長年同じ会社に勤めた人で、意外に退職金がもらえなかったという話もよく聞きます。

そのような博打のような人生設計をするよりも、きちんと情報をとった上で判断していけると、より人生の選択肢が広がるように思います。

みなさんの人生の参考になれば幸いです。

それでは。

スポンサーリンク
人生をさらなる次のステップにすすめよう

あなたは、将来の目標はありますか?

目標?

・技術を身に付けて稼ぎたい。

・事業で成功したい

・背伸びせずにゆっくり暮らしていきたい

・海外を回ってみたい

・大切な人と一緒に暮らしたい

 

いろいろな人生にはいろいろな思いがあると思います。

私は、お金と時間を作って、暮らしを豊かにしたいと思って行動してきました。

 

暮らしを豊かにするには、情報を得ることと、情報に従った行動が必要ですね。

お金も必要ですし、時間も必要です。

 

結婚し、生活を豊かにするために行動してきた私が、新しいブログサイトを立ち上げました。

暮らしを豊かにできるヒントを、記事にたくさん盛り込んでいます。

 

どうぞお立ち寄りください〜

 

>>>いぐち夫婦ブログに移動

 

https://iguchi-family.com/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事