eishingakuin-demerit

こんにちは。しらぬいです。

この記事はこんな人に向けて書きました。

宮崎で浪人しようとしているけど、どこの予備校がいいの…
宮崎栄進予備校に行って実際に合格できるのか不安…

私は、北九州予備校で1浪し、宮崎栄進学院で2浪目を過ごして、その結果第一志望の京都大学農学部に合格しました。

今回は、宮崎栄進学院に通って合格した私が思う、宮崎栄進学院のデメリットについて記事にします。

この記事を読めば、宮崎栄進学院に通って感じたデメリットが分かります。

逆に、メリットについては、こちらの記事を合わせてチェックしてみてください

また、1浪目で北予備で過ごした内容については、こちらの記事をチェックしてみてください。

それではどうぞ

 

 

スポンサーリンク

OBの私が思う、宮崎栄進学院のデメリット

講師の先生を自由に選べない

宮崎栄進学院では、基本的には講師の先生を選べません。授業がカリキュラムされていますが、割り当てられたクラスで、割り当てられた講師の先生の授業を受けることになります。

もし、講師の先生との相性が合わなかった場合は、難しいかもしれません。

授業の内容の濃さは、大手には劣るかも

大手予備校講師とは違って、栄進学院は、高校教師を定年退職した後に勤められている先生もちらほらとおり、授業の華やかさでいえば、大手予備校とは劣る部分は否めません。

授業の質や華やかさを求めて、高校とは違った刺激を受けたい人には、物足りないところがあるように思います。

サボれてしまう

予備校への向き合い方は人それぞれですが、やはり、勉強をサボりがちな学生もいます。

サボれてしまうので、もし管理をギチギチにしてもらわないと困るような学生には向いていないかもしれません。

テキストがオリジナルではない

テキストは、大手予備校とは異なり、オリジナルのものではありません。各講師がこれはというものを用意しています。

実際にテキストに関しては、汎用性があるようなテキストばかりをチョイスされていたような印象です。

私は、特にテキストに関してはレベルが低かったり分かりにくいといった印象はいだきませんでしたが、大手と比べると物足りないと思う人もいるかもしれません。

 

 

さいごに:どこで浪人しても、合格した人が正義の世界

大手予備校も、宮崎栄進学院も、利用する人によってメリット・デメリットはあります。結局、私は大手予備校に通って不合格になり、宮崎栄進学院で合格しました。

結局、合格する人はどこに通っても合格するので、きちんと自分に合った予備校を選択できるかどうかかもしれません。

浪人自体は、決してネガティブなものではありません。浪人時代に取り組んできた努力は、今後の人生の糧にきっとなるので、進学先を妥協して決めてしまうくらいなら浪人することを私個人的にはおすすめします。

それでは。

 

 

スポンサーリンク
最短効率の受験勉強を おすすめの参考書

受験勉強は、早く取り掛かるにこしたことはありません。

特に大切なのは、情報を早く仕入れて、志望校向けに、点数が取れるような勉強を始めることだと思います。

私は、受験勉強の結果2浪して、人よりも多く受験勉強をしてきたこともあり、多くの参考書に触れてきました。

その中でも、私がやっておいてよかったなと思う参考書をいくつか紹介します。

京都大学過去問集

 

 

志望校が早い段階で決まっているのなら、過去問に早く取り掛かるのは手です。

問題の出題傾向があるので、早いうちからその問題形式に慣れるだけで、全然点数点数の感触が違います。

過去問分析って、完全に点数に直結するし、受験は点数をとったもんがちなので、過去問分析に力を入れるのは、最短の勉強方法だと素直に思います。

予備校のテキストのようなみんなに向けたものよりもはるかに効果的で近道です。

システム英単語

ぶっちゃけ単語帳はどれでもよい?とは思っていながら現役時代は過ごしていました。

しかし、単語帳一冊ではどうしても足りない部分がありました。

システム英単語は、受験に出題されたものを優先的に集めていて、訳の当て方についても出題例をもとに解説されていて、

システム英単語で学んだ単語も結構出ていたような感触があります。

どうせ一冊単語帳で学ぶのであれば、システム英単語を使っておけば、たいていの入試問題は問題ないように思います。

受験勉強を終えて、最終的に思ったのは、情報を早くキャッチしたほうが圧倒的に有利だということです。

近くに受験勉強を経験した人がいて、そこから得られる情報で、自分のレベルや周りのレベルも分かりますよね。

また、こちらの記事に受験勉強について詳しく考察しています。

最短で受験に取り組みたいという方がいたら、詳しくはnoteで解説していますのでよかったらご参照ください。

 

 

情報を仕入れて、効率的に勉強したいものですね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事