岡山から宮崎への移動手段まとめ

こんにちは。

宮崎出身岡山在住のしらぬいです。

岡山から宮崎までの移動手段を調べて、どれが一番コスパがいいか検討しました。

今回は、岡山から宮崎に旅行や帰省で移動する人や、逆に宮崎から岡山に移動する人に向けて、移動手段をまとめました。

チェック
この記事を読めば岡山から宮崎への移動手段まとめが分かります。
スポンサーリンク

岡山から宮崎への移動手段まとめ

新幹線&バスで移動する

岡山から宮崎へは、新幹線を利用した移動が早くて便利です。

ご存じの通り、宮崎県と大分県には新幹線が通っていませんので、博多、熊本方面を回って宮崎に入るのが早いです。

時間にもお財布にも優しい、 B&S(Bus&Shinkansen)の利用がおすすめ

B&Sという、宮崎県人ならお馴染みのサービスがあります。

宮崎駅から新八代駅のバス移動と、新八代駅から博多駅の九州新幹線の移動をチケットをセット販売しているものです。移動の順序としては以下のようになります。

岡山駅→博多駅(山陽新幹線) 12,100円 約1時間半
博多駅→新八代駅(九州新幹線)     約1時間
新八代駅→宮崎駅(高速バス)  5,090円 約2時間 (B&Sで、2週間前の予約)
B&S利用 17,190円 所要時間は4時間半

デメリットとしては、1回博多駅で降りて、B&Sのチケットを発行する必要があることです。

新幹線さくらなどを使えば直接岡山から新八代駅に行くことはできますが、B&Sの利用はできないため、料金としては、

岡山→新八代 さくら     16,830円
新八代→宮崎駅 (高速バス) 4350円
博多駅で降りない場合は、片道21,180円で割高に。

ちなみに、B&Sの、バスのみの利用では、ネット予約はできず、電話予約でコンビニで発券が必要なので、予約の手間もかかりますので、個人的には博多駅で降りる選択をするのをおすすめします。

博多駅にはB&Sのチケットを発行できる自動発券機があるので、スムーズに発券できます。

価格を安く抑えたいなら高速バスフェニックス号を使う

山陽新幹線で岡山駅から博多駅まで移動して、博多駅からバスで宮崎に行き、博多駅からバスで宮崎まで移動します。

岡山→博多(山陽新幹線) 12100円 約1時間半
博多→宮崎(高速バス) 3980円 約5時間

博多から宮崎までのバスは、フェニックス号で片道3980円(ネット予約)で移動できます。

https://www.miyakoh.co.jp/express/phoenix.html

この移動の利点は、安価に移動できることです。

フェニックス号を利用することで、時間はかかりますが、比較的安価に移動できます。

フェニックス号の移動で 16,080円 所要時間は6時間半

フェニックス号は、4列シートで約5時間の長時間の移動になるので、狭い空間が苦手の方には不向きかもしれません。私個人的には、B&Sの利用をおすすめします。

車での移動

車の移動は主に2ルートあります。山陽自動車道経由又は、瀬戸大橋を渡って松山自動車道を経由してフェリーで九州に渡る方法です。

・山陽自動車道から東九州自動車道経由

・九四フェリー経由

車で移動するメリットは、現地についたときに、自分の車であちこち回れるところです。宮崎は、交通の便的に、車を活用したほうが回れるところが圧倒的に増えます。

また、複数人で移動した場合も同じ料金で移動できるのがメリットです。

体力に自信があるなら、山陽自動車道経由

岡山ICから乗車すれば、宮崎ICまで高速道路を降りることなく移動できます。

岡山ICから広島方面へと出て、北九州JCTから東九州自動車道に入ります。

東九州自動車道は対面道路の場合が多いので、遅い車にあたってしまうと、進みあぐねてしまいます。

所要時間は、少なめに見積もっても8時間以上はかかります。

高速料金は、下記の画像のようになっています。

デメリットは、総移動移動距離は570kmで、ずっと高速道路を運転し続けることになるので、景色の代わり映えが少なく、眠くなってしまうことです。

また、車種によっては、ガソリンを満タンに入れても宮崎までの移動の間に切れてしまいますので、給油場は要チェックです。

おすすめは、大分の別府湾SAです。別府湾SAを過ぎると2時間くらいは、休憩場所や給油場所もないので、計画的に移動しましょう。

山陽自動車道経由 ETC利用で10,340円+ガソリン代5000-6000円 所要時間は8時間以上

ドライブ感覚で移動できる 九四フェリー経由

早島ICから乗車し、瀬戸大橋を渡って、四国を横断し、愛媛県の三崎から大分の佐賀関までフェリーで移動する経路です。

所要時間は約8時間です

料金は高速料金が下記のように 岡山→伊予 臼杵→宮崎西

で移動します。

・岡山→伊予 ETC利用で6,330円

・臼杵→宮崎西 ETC利用で3,190円

九四フェリーの料金は普通自動車で4m未満なら7,120円、5m未満で8,860円(運転手1人込)

https://www.koku94.jp/price/

九四フェリー利用で 片道18,380円+ガソリン代約5,000円 所要時間は約8時間

九四国フェリーを経由するメリットは、繁忙期でも道が混みにくいことでしょう。

山陽道を全く経由しないので、渋滞を心配する必要がありません。フェリー自体も一日に10本以上走っていますが、事前の予約はしておいたほうが無難でしょう。

また、高速道路を運転する時間が、四国で約2時間、九州で約2時間半で残りは下道とフェリーでの移動になるので、運転手にとっては、刺激があって休み休みできるので嬉しいところです。

飛行機

岡山空港から宮崎ブーゲンビリア空港への直行便はありません。

岡山から飛行機で宮崎に移動する場合は、

大阪空港または、福岡空港から宮崎行の便に乗る必要があります。

空港までの移動時間や、航空費を含めても、時間的、価格的メリットが出ませんので注意しましょう。

大阪空港からは、格安航空会社Peachが利用できます。

その他の移動方法

神戸港からフェリーを使ってひと晩かけて移動する

神戸港から宮崎港まで宮崎カーフェリーを使って移動できます。

宮崎カーフェリーは、宮崎と神戸を行き来する、毎日1便出ているフェリーです。基本的には、夜7時に出て、翌朝の7時ごろに到着します。

岡山→神戸港 新幹線・在来線 5,510円 約1時間半
神戸港→宮崎港 11,420円 片道2等席 13時間 普通車を持ち込む場合は、25,800-31,300円

船旅のよいところは、横になって眠りながら移動できるところです。お風呂もついていて、窓から海をながめながらいくのは最高です。

船旅だと深夜移動 16,930円 約14時間半

青春18切符を使っての移動

青春18切符を使えば、格安で移動できますが、丸一日かけても、岡山から宮崎にたどりつくことはできません。

始発で飛び出すと、宮崎と大分の県境くらいにある、佐伯という地域で一泊することになります。24時間以上時間をかけて移動し、宿泊費を負担できるような人は一度検討してみても良いでしょう。

まとめ お財布事情と時間、体力に見合った移動を

個人的なおすすめは、下記のようになります。

一人で移動するなら、価格と時間のパフォーマンスが高いB&Sの利用がおすすめ。
複数人で移動するなら、金銭的なメリットの出る車がおすすめ。
九四フェリーを経由するかは、運転手の体力次第。
といった印象です。
ぜひ、皆さんも、陸の孤島と呼ばれる宮崎を訪れてみてはいかがでしょうか。
お役に立てましたら幸いです。
それでは。
スポンサーリンク
人生をさらなる次のステップにすすめよう

あなたは、将来の目標はありますか?

目標?

・技術を身に付けて稼ぎたい。

・事業で成功したい

・背伸びせずにゆっくり暮らしていきたい

・海外を回ってみたい

・大切な人と一緒に暮らしたい

 

いろいろな人生にはいろいろな思いがあると思います。

私は、お金と時間を作って、暮らしを豊かにしたいと思って行動してきました。

 

暮らしを豊かにするには、情報を得ることと、情報に従った行動が必要ですね。

お金も必要ですし、時間も必要です。

 

結婚し、生活を豊かにするために行動してきた私が、新しいブログサイトを立ち上げました。

暮らしを豊かにできるヒントを、記事にたくさん盛り込んでいます。

 

どうぞお立ち寄りください〜

 

>>>いぐち夫婦ブログに移動

 

https://iguchi-family.com/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事