30歳未経験からエンジニアになって1ヵ月経った感想

こんにちは。しらぬいです。

先日渡しは、プログラミング未経験で、エンジニアに転職しました。

就職するまで、たいしてプログラミングの勉強をしていませんでしたが、異業種から未経験エンジニアになるにあたって、ちょうど1ヵ月経ちましたので、1ヵ月過ごしてみての感想を述べていきます。

この記事は、20代後半以降でエンジニアになろうと思っている人向けに、職場や周囲からの風当たりや、実際の仕事やスキル面について、私の体験が参考になればと思い書いています。

この記事では主に
エンジニアを始めて1ヵ月で、私が感じたこと
を書いています。

ちなみに、初日に感じた感想は、「異業種出身の私がエンジニアに初めて会ったときに抱いた、エンジニアの印象」でまとめていますので、よかったらチェックしてみてください。

また、エンジニアになった経緯や転職活動の様子などのは、「【実体験】ワークポートみんスク利用で未経験エンジニアが内定とるまでの流れ」にまとめていますので、よかったらチェックしてみてください。

それではどうぞ!

 

 

スポンサーリンク

エンジニアになって1ヵ月経った感想

Scale, Question, Importance, Balance, Choice, Choose

入社してみてわかった、想像とのギャップ

プログラミングは想像以上に難しい

私は、プログラミングを学生時代はおろか、今までほとんど触れてきていませんでした。年齢も30歳です。率直に、プログラミングって難しくて奥深くて面白いなと思ってきつつあります。

言語はC#とSQLを主に職場では使用しています。いかんせん、知らないことが多過ぎて、毎日刺激の連続です。分からないところはネットで調べてみて、見よう見まねで使ってみて、それでも思うように動作しないときは先輩方に尋ねるスタイルで進めています。

実際に基本を押さえていれば、あとはネットで調べればすぐ分かるくらいにたかをくくっていましたが、実際はそうではありませんでした。きちんと動作すると思っていても、データの抽出の仕方や、パラメータのパターンによっては正常に動作しない場合もあり、いくつかのパターンを試してようやく完成という流れの状態です。また、本当にこの動作がシステム上求められていることなのか、抽出するデータが合っているかなど、都度すり合わせが必要なので、一人でガツガツ進められるものではないということも認識しました。

大半の作業がトライアンドエラーの繰り返し

実際の仕事時間の大半は、動作確認とエラーを探す作業に追われています。実際に正しいコードを書いている間は、すぐに終わってしまいます。正しいと思って書いてみて、正常に動作しない場合がほとんどで、どうやったら正しく動くのかを検証、修正を繰り返す作業が、実際の作業の大半を占めています。

ゲームで例えると、ちょっとレベルの高い中ボスがいて、何回かトライしてもやっぱり勝てないのでレベル上げをしてから再挑戦してようやく勝てたというような、それくらいのトライアンドエラーを短いスパンでひたすら繰り返している状態です。

デバッグでどこをチェックしたらよいかは、経験の部分もあるようですが、確実に自分のできる範囲が増えているのを感じているところで、楽しくやらせてもらっています。

期限付きの仕事は、交渉が大切

仕事を振られた時に、当然、期限が付いてきます。ただ、振られる仕事内容も大半がやったことのないことなので、その仕事が期限内に終わらせられるか自分では判断できません。実際に、振られた仕事が期限内に終わらないケースもありました。その辺りは、社会人のスキルとして、期限までに終わりそうにない場合は都度報告をしながらの取り組みにはなります。本音をいうと、まだ1ヵ月なので、あてにしないでほしい汗

エンジニアの根底にある気持ち

red heart and man hanging drawing

エンジニアはめんどくさいのかたまり

エンジニアの根底には「面倒くさい」という気持ちがあるのがひしひしと感じました。この「面倒くさい」という気持ちが、作業の効率化に特化した仕事の原動力になっているのを感じました。

私がエンジニアに抱いていたイメージは真面目で健気で一生懸命でおとなしいくらいに思っていましたが、実際には芯があって、めんどくさがりということがわかりました。そのめんどくさいを解決するためには、最善の手段を尽くしてくれます。

私が入社時には、パソコン利用前の段階で、マウスの感度を最速にしたり、メモリを増設したり、ディスプレイを2枚+ノートPCを与えられたりして、作業環境を快適にするようにアドバイスを受けました。

このように、あとあとのことがめんどくさいからというのが仕事の源になっていて、その価値観で会話していると、面白さがあります。

抑えておきたいショートカットキー

ショートカットキーを都度都度教えられます。このような小技は、将来の時間を生むために使われるので、今後の人生の資産になります。との考えのもと、使えるショートカットキーは最初に押さえておくのがよいようで、ゲームの操作方法を習うようにいくつものコマンドを習いました。

ショートカットーキーも癖になってしまえば、作業効率が格段に上がるのを感じました。

特に使うのは、実行キーF5です。Ctrl+AとCtrl+CとCtri+Vの全選択全貼り付けコンボと、Shift+カーソルキーでの任意文字列の選択と、Shift+Alt+カーソルキーの複数行同時編集です。

よく利用するソフトにはそれ専用のショートカットーキーがあるものも多いので、普段PC作業する人は、ショートカットキーを調べてみて一度使ってみるのをおすすめします。ワードやエクセル等にもたくさん使えるものがあると思います。

エンジニアのスキルと考え方は、今後の人生の時間的資産に

今後同じ作業をしていく上で、最初に便利なツールを知っていれば、今後何回も行う作業についてはショートカットできます。

各種ショートカットキーを習ってからは、プライベートでもPCの設定を見直したり、ワードプレス内でのショートカットキーをググって見出しタグの付け方などのショートカットキーは頻繁に使うようになりました。

今まで何も疑わずに取り組んできたのが正直もったいないと感じるほどです。これからパソコンにそれなりの期間触れていくことを考えたら、この段階で時間の効率化する価値観を得られて嬉しく思います。

未経験者への風当たり

woman standing while her hair is blown

未経験者への風当たりが強いと感じるかもしれませんが、これは会社や人によるのではないかという印象です。私は、夜遅くまで残って仕事する仕事熱心なお兄さんに教えてもらっているので、特に困ってはいないです。ただ、エンジニア特有の横文字の言語があって、あれとこれつなげといてとか言われても、パソコン知識がなかったら全然わからない場合がほとんどで、言葉が理解できずに戸惑うことがしばしばあります。そのときは、わかったふりをしないで、質問したり、調べたりしますが、ネットワーク関連のことはたいてい調べればできます。(サポートに電話したりもしました)

年齢的な風当たりを感じることはありませんでした。むしろ先輩がプログラミングに取り組み始めたのも同年齢くらいのときだったと言われ、歓迎されている印象を受けます。こればかりは運ですが、自分の境遇に共感してくれる人がいると心強いです。

SEに会社を食われないように悩む経営陣

Portrayal, Portrait, Crying, Cry, Baby, Face, Mood

正直、エンジニアというのは、顧客の思う通りのシステムを作る仕事かと思っていて、顧客がNoといえばNoで、ひたすらに残業しまくるようなものかと思っていました。

実際、プログラムのエラーなどで想定よりも作成に時間がかかることは多いみたいですが、客先の要望でころころ仕組みが変わってしまうみたいです。

ただ、会社によっては、パッケージング化して一度販売してしまって、継続したサポートの契約で費用を回収したり、一度売りきったり、ITコンサルのような方法で、客に屈しない委託販売制をとるところも多いみたいです。

一方、雇われのSEなどのエンジニア界隈の人は、完璧を求めるあまり、時間をかけ過ぎてしまって人件費がかさむことがあるようです。課題として与えられた範囲を時間内にこなせるかという目測は当然大切ですが、お客の求める完成品と、自社が提供できるサービスのクオリティのすり合わせが、かなり重要になっている業界のように感じました。その点は、請負ばかりで忙しいと思っていただけに、意外と感じた点でした。

これからのスキルアップが楽しみ

man wearing white long-sleeved shirt on air photo

業務を通して、プログラミングの技術を向上させられているだけでなく、ネットワーク関連の体系的で実用的な知識を業務を通じて学べたり、今後の人生でも活きる有益な価値観を身につけられています。当初期待していたもの以上に得られるものがあり、今は満足しています。

諸先輩らによると、会社自体のスキルのレベルは高くはないとのことですが、前職と比べるとはるかに効率よく仕事ができているように感じています。これから業務を続けるにあたって、それなりに仕事を引き受ければそれなりの責任のもとで動くことになり、それなりのつらいことも出てくるかもしれませんが、今は、前職で大量に抱えていた仕事から解放されて自分にとっての学びを続けられているので快適です。これからの自分の成長を楽しみに仕事に取り組んでいます。

少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

それでは。

 

 

スポンサーリンク
人生をさらなる次のステップにすすめよう

あなたは、将来の目標はありますか?

目標?

・技術を身に付けて稼ぎたい。

・事業で成功したい

・背伸びせずにゆっくり暮らしていきたい

・海外を回ってみたい

・大切な人と一緒に暮らしたい

 

いろいろな人生にはいろいろな思いがあると思います。

私は、お金と時間を作って、暮らしを豊かにしたいと思って行動してきました。

 

暮らしを豊かにするには、情報を得ることと、情報に従った行動が必要ですね。

お金も必要ですし、時間も必要です。

 

結婚し、生活を豊かにするために行動してきた私が、新しいブログサイトを立ち上げました。

暮らしを豊かにできるヒントを、記事にたくさん盛り込んでいます。

 

どうぞお立ち寄りください〜

 

>>>いぐち夫婦ブログに移動

 

https://iguchi-family.com/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事